忍者ブログ

Hase im Haus

こちらはHase im Hausという一人サークルの活動内容などをお知らせするブログです。

僕がブログするよ☆


サリュー、プレイヤーさん♪僕が今日はブログするね。僕がんばるから応援しててね。えへへ☆

えっとこのブログでは今日やったことを書くんだっけ。んっと、僕今日は学校へ行ったよ。今日あった授業はねー、数学でしょ、生物でしょ、あと日本史と家庭科と体育と英語。家庭科以外嫌いな授業ばっかりだから学校さぼっちゃおうかなって思ったんだけど、フェリがちゃんと行ったらフランボワーズのタルトを焼いてくれるっていうから、行くことにしたの。フェリは優しいから好きだよ。

それで学校に行ったんだけど、ちょっと遅刻しちゃったの。それで先生に「いい加減遅刻する癖は直しなさい」って言われたんだけど、僕は学校に来ただけ僕って偉いのになぁって思ったよ。それでも今日はちゃんと制服を着ていったから、それは偉いねって言われてほめられたけど。僕ってよく変なことでほめられてる気がする。

授業はいつもどおり退屈でさ、日本史は僕留学生だから取らなくちゃいけなくって取ったんだけど、すっごく難しいの。昔の人の名前が漢字でちゃんと書けなくって、小テストの後いっつも僕だけやり直しさせられるんだ。僕が留学生だから面倒見るようにって学級委員の関口っていう奴が僕の面倒を見てくれてるんだけど、こいつが結構やっかいでさ。なんでこんなのも分からないんだよって、延々とムロマチとかセンゴク時代の武将の話を続けるんだ。歴史オタクっていうの?それで面倒くさい時は女の子の振りしてもう嫌だって言うと、「はぁ・・・お前ってそういうとこずるいね。」って言って見逃してくれるんだよね。

家庭科の授業はでも楽しかったよ。今日はエプロンを作ったんだけど、僕のが絶対一番かわいかったと思う。みんなパターンを引くのも、裁断も、縫製も、ものすごーく遅くってさ。僕が3つ同時にエプロンを縫ってるからびっくりしてたよ。それで木下さんっていう人が「ギヨームすごいね、なんでそんなにお裁縫が上手なの?」って聞いてきたから、僕のママンが小さい頃から教えてくれたんだって言ったら、今度いっしょに縫い物しないって聞かれたんだ。それで「僕、自分よりかわいい子じゃないとお裁縫は一緒にしないから」って言ったら木下さんが泣いて、女子にすっごい怖い顔して睨まれたけど。僕が女の格好してるときには目も合わせないのに、制服着てると態度変えるなんて僕だっていい気はしないんだけど。

その後の体育の授業はこの前僕足ねんざしたから、まだそれが痛いですって言って見学できたんだけど、見学する人もジャージを着なさいって言われてさー・・・。なんで運動しないのに、ジャージなんて着なくちゃいけないんだろ。よくわからないよね、その理屈。とにかくしょうがないから視聴覚室の準備室で着替えてたら(僕、着替えはじろじろ見られるのが嫌いだからいつもこうしてるんだ。)松井っていう一個上の先輩がいきなり入ってきてさ、僕の足を触らせてくんないって言うんだ。僕もいい加減こういうのには結構慣れたしね。とりあえず女の振りして「いいよ。」って言ってやって、相手の油断したところで、一発蹴りを食らわせてやったよ。僕があんまり躊躇なくやったから、すごく彼も面食らってたみたいだけど、男に手を出したなんてきっと死んでも言えないよね。

あー、あと英語の授業は簡単すぎてまた退屈だったな。日本人の英語のレベルってちょっと低すぎる気がする。僕も(いろんな意味で)英語は好きじゃないけど、ここまで幼稚なことしか勉強しないから、日本人って英語がぜんぜん喋れないんじゃないかな。それでやーっと学校が終わったと思ったら補習校があるの思い出して、でもめんどくさいし、さぼってお買い物しに行っちゃった。で、これ買ったんだよね。ギンガムチェックにキャンディーとチョコレートのモチーフがついたヘッドドレス。これで今度の週末はお出かけしようっと。

・・・・・・ちょっと、サーシャ。なにやってるんだよ、そこで・・・。

このストーカー!!別に今川焼きなんてじじ臭いおやつなんていらないから出てけよ!そういうのはリンにあげたらいいでしょ!それに僕はお出かけは一人でするのっ!着いて来ないでよ!!お前が隣にいると僕がますますちっちゃく見えるんだから、あっち行ってよ!

ふぅ。ごめんね、プレイヤーさん。サーシャって僕嫌い。そりゃ、この前僕がラウンジのカーテンをフリフリのレースのカーテンに替えようよって言った時、あいつだけが賛成してくれたけどさ・・・それでもやっぱり好きじゃないのっ。

ふぅ。なんかあいつのこと追い払うのに疲れちゃった。冷蔵庫にそういえばケーキがあったっけ・・・。ちょっと見てくるね。

・・・・・・

さいっあく・・・こんな置手紙みつけたんだけど。

「お前のケーキはいただいた。怪盗S」

・・・も・・・もういやあああっ!!うわあああんっ!!!プレイヤーさぁああんっ!僕をそっちに連れて行ってよ~~~。僕・・・もうこんな生活嫌だーっ・・・うえーーーんっ。

あっフェリっ!フェリーーーっ!

Sean... il a pris tout mes desserts...あのね、あのね・・・僕のケーキ、ショーンが勝手にとったの。ひどいでしょっ。

・・・・・・あ、tarte au framboise! 僕のタルト!ふぇりぃーーーーTu es le meilleur!!

エヘへ・・・☆タルトおいしい♪フェリってこれだから好きだよ。じゃ、ブログ続けるね☆

えーっとじゃあこの封筒3つ開ければいいんだよね。

「もしも一日だけ女の子になれたら何をしたい?」

女の子になっちゃったら?しかも一日だけなんだ。んーかわいいお洋服いっぱい着るとかかなー。でもそれって普段からしてるっけ。僕って見た目は女みたいだけど、中身は男だし。いまいち女の子の考え方とかつかめないんだよね。だから女の子の気持ちが分かるのって面白いかもしれない。性別が変わったら女の子の群れにもちゃんと入れて、男に言い寄られてもそんなに悪い気もしないのかもね。

よーっしじゃあ次のお札開けるよー。

「ギヨームのクローゼットの内容を教えてあげよう。」

あぁ、僕って立ち絵ではあんまり出てこないけど、結構たくさんロリ服は持ってるんだよ。ブラウスでしょ、スカートでしょ、エプロン、リボン、靴下、コルセット、ボンネット、ヘッドドレス、コサージュ、バッグ、手袋、帽子と靴、アクセもたくさん持ってるし。ロリ・コン用にウィッグとメイク道具もあるよ。僕、別にお化粧しなくても女には見えるみたいなんだけど(よくママンの知り合いにはママンとウリ二つだって言われたりするし、僕ってもともと女顔なんだ)、シャルロット北村っていう名前を使う時は一応あんまり僕だって分からないようにしてるの。僕のクローゼットって結構おっきくって、ドレスがいっぱいのクローゼットと、小物の入ったクローゼットが2つあるんだ。でも最近はプライスドールとか、僕の作ったぬいぐるみとかでいっぱいになっちゃって、置く場所がなくって困ってるよ。ま、僕がママンと住んでたアパルトマンもこんな感じだったしね。狭いのは結構なれっこなんだ。

じゃあ最後のお札開けようっと
「ギヨームがこの寮に入ったときにした一芸を披露・・・」

・・・・・・

えっと、ん、じゃこれで終わるね。プレイヤーさんと会えなくなるの寂しいけど、またきっとすぐ会えるよ。あ、お別れのビスーを・・・

ぎゃっ!

いったぁあああい~!ちょっとなにしてくれんの、脳みそ筋肉砂糖漬けぶわーーーかっ!!

あっ!それ僕のタルト!返して~っ!あああああっ!ふぇりぃーいいいいいっ!ジョシュが僕のタルトとーったあああああああああっ!!!

拍手[16回]

PR